スマホの修理、どうするのが一番賢いのか

スマホの画面は割れる

携帯キャリアで修理する

1つ目は、契約している携帯キャリアのサービスを利用するという手段です。
各携帯キャリアの構える店舗に直接足を運び、修理の依頼をします。そこから先は店舗でメーカーに送り修理してもらって、メーカーから店舗に戻ってきたら取りに行きます。実際に私達が負う手間は、店舗に足を運ぶくらいです。
もちろん画面割れの修理費として10000円から20000円ほどの料金が発生します。
キャリアのサービスとして、スマホの購入時に限り修理保障などをつけることも可能です。保障をつけておけば、本来かかる修理費を大幅にカットすることが出来ます。ただ、スマホを購入したときのタイミングでしか保障オプションがつけられないことと、オプションなので、毎月のオプション代が発生するので注意してください。

街の修理屋に依頼する

実は携帯キャリアのサービスの他に、スマホの修理店で修理するという方法があります。
最近は街でも「スマホの修理承ります」なんて触れ込みの看板を見かける機会も増えてきたんじゃないかと思います。ああいったお店がいわゆるスマホの修理店で、画面修理を依頼したら即日で直してくれるようなお店もあるようです。
もしくは、スマホのメーカーに直接問い合わせるという手があります。これは携帯キャリアで購入したものというよりは、後述のSIMフリーと呼ばれるスマホの修理などが主な対象になります。
これらのサービスについては、携帯キャリアで依頼するよりも早く対応できるメリットがある半面、修理保障がなかったりもしくは修理期間中の代替機がなかったりなどのデメリットもあります。